東京大学

筑駒

開成

海城

駒東

渋幕

麻布

巣鴨

桜陰

女子学

雙葉

東大卒プロ講師限定の家庭教師派遣
エクスクルーシブ・アカデミアexclusive-academia
E-mail info@exclusive-academia.com

[top] → [course] → [中学受験]

中学受験をお考えの保護者の方へ

現在の中学受験の実態をみるに、いわゆる難関校を受験する生徒のほぼ全員が塾に通っており、筑駒・男女御三家・早慶・海城・駒東など最上位校を目指す生徒の90%程度が家庭教師について学んでいます。
しかし、家庭教師に関しては保護者間で話されにくい雰囲気にあるといいます。どのような家庭教師についているかはもちろん、家庭教師についているかどうかすら語られないようです。たしかに「うちの子は少ない投資でここまでの成績をとっている」「分からないことは家庭内で解決している」と言えるのが理想です。しかし、現実はなかなかうまくいきません。

①塾の宿題がこなせない、、、どの塾であれ、優秀な生徒には膨大で、難解な宿題を課します。それを日々こなしていくのは大変なことです。しかも、ただこなすだけでは意味がありません。記憶を定着したかどうか確かめながら進めなければならないし、本質的な深い理解ができているのか(つまり実際に関連問題を解けるのか)が重要です。

②できない問題をほったらかし、、、できない問題を理解し、次からはできるようにするのが勉強です。優秀な生徒ならば、ほとんどの問題は解けるでしょう。しかし、大切なのはできなかった問題です。その解き直しがいいかげんになっていませんか。解き直しがいいかげんになっているとしたら、原因はこんな所でしょう。「整理不足でどの問題が解けなかったかまとめられていない」「時間がない」「面倒くさい」といった所は問題外として、「解説を読んでも分からない」「両親が解説できない」「両親に解説をする時間がない」「両親と勉強するとふざけたり、喧嘩になったりしてはかどらない」。頼みの綱は塾のフォローですが、塾の先生は忙しくなかなか一人の生徒のために時間を割くことはできません。塾の質問教室には行列ができていて、何十分も並ばないと質問できない上に、満足のいく答えが返ってこない場合もある。そんな時間の無駄はできません。

③どうやって勉強したらよいのか分からない、、、もちろん難関校を目指す生徒、ご家庭は一定の勉強法を確立されているでしょう。しかし、長い受験生活において、信頼できる相手に相談したいことは細大問わず無数に出てきます。「何時に寝かせたらいいですか?」「今の勉強法は正しいですか?」「試験日にはなにを食べさせたらいいですか?」「うちの子は勉強に向いているのでしょうか?」「お正月は元旦くらい勉強を休ませてもいいのでしょうか?」「本は何を読めばいいですか?」「小学校を休んでもいいですか?」「今、一番対策しなければならない教科は何で、どの範囲ですか?」「図形問題が解けないんですが、、」「記述問題が書けないのですが、、」、、、、きりがありません。ご家庭の、とくにお母さんの悩みは、他人から見て順調そうな受験生活においても、絶対に尽きないものです。よく語られるように、中学受験においてご家庭(特に母親)の果たす役割は極めて大きなものです。有名な「中学受験は母親の受験」という言葉がありますが、全くその通りだと思います。ですが、何もかも母親が責任を持ってこなすのは時間的・体力的・精神的にも無理ですし、実際に勉強内容や受験の詳細に至っては母親には判断がつきかねるときがあります。この場合も、頼りは塾ということになりますが、やはり塾は忙しく、生徒一人一人を見ている時間は少なくなりがちですし、塾には塾の論理・思惑が働いており、どこまでそのアドバイスを信用してよいのか不安になることも事実です。また、よほど図々しい方でない限り、日々噴出する疑問の全てを塾の先生に電話して相談するというわけにはいかないでしょう。受験勉強の相談というのは往々にして長引きます。塾の先生にしても数多くの生徒の親から寄せられる相談の全てに大した時間は割けないはずです。

④できることは最大限にやっているつもりなのに成績が伸びない、、「起きている時間はずっと勉強している。」「子供の精神的バランスが許す限りのギリギリまで勉強させている。」「塾で指示されたことはできる限りこなしている。」「その他にもできる限りの工夫を凝らして勉強している。。。」でも成績が伸びない。これは何よりも深刻な事態です。もしも本当に限界まで頑張っているのに何ヶ月も成績が伸びないとしたら、原因は単純「勉強の方法が間違っているから」です。「うちの子は(僕は)勉強に向いてないんだ。」などと思い込んではもったいないと思います。本当に頑張れる子は伸びるはずです。ただ、勉強のやり方が合っていないだけです。その子にぴったり合った勉強方法が見つかれば、革命的に、少なくとも効率よく成績を伸ばすことができるはずです。塾は画一的になりがちですし、その塾自体がその子に合っていないかもしれませんし、ご両親はいかに優秀であっても基本的には自分の勉強方法しか知りません。

このような現状があるからこそ、実際に難関校を目指す生徒の大部分に家庭教師がついているのです。「受験に家庭教師は必要ない」「塾と家庭がしっかりしていれば家庭教師は必要ない」「となりの〜さんにも家庭教師はついていないようだ」という考えは間違っています。現在の、首都圏の、難関校受験には家庭教師が必要です。塾がよくないのではありません。塾は家庭教師以上に大切ですし、塾のカリキュラムにはついていかなければなりません。ただ、中学受験には家庭教師にしかできない領域があるということです。当会は、中学受験は家庭(特に母親):生徒本人:塾:家庭教師=5:2:2:1だと考えています。


当会の家庭教師には何ができるのか

では受験におけるその10%の領域を埋める当会の家庭教師には何ができるのでしょうか。

①塾のフォロー、、、ご家庭の要望に応じてあらゆる面から塾の勉強のフォローをします。一人ではなかなかはかどらない国語・社会の記述問題や、解説を見るのも嫌になってしまうような難しい算数・理科の応用問題を一緒に勉強するのもいいでしょう。なんとかひととおり塾の宿題がこなせる生徒ならば、解説を読んでも分からなかった問題をためておいて、家庭教師が来たときに一気に解決すると効率がよいでしょう。家庭教師に解説してもらって一応理解したら、後でもう一度一人で解き直してみて下さい。理解したつもりでも、またできない可能性が多いにあります。でも、その問題は次の回にもう一度家庭教師に解説してもらえばいいのです。そうやってできない問題をひとつひとつつぶしていくのです。家庭教師ならば、質問教室に並ぶ手間もありませんし、ご両親と喧嘩しながら勉強をする必要もありません。しかも当会の家庭教師ならば、素人にありがちな「大人の解き方でお茶を濁す」ということがありません。子どもの考え方に沿って、そして各塾の教え方に沿って、生徒を混乱させずに、しかも各教科の本質的な深い知識をバックグラウンドにして教えます。これは素人にできることではありませんし、受験の専門家を自称していても、中学受験に詳しいだけで、本人が高いレベルで各教科を勉強したことのない講師では実現できません。高学歴かつ、実績のあるプロの家庭教師のみが実現できることだと当会は考えています。

②苦手分野の発見・克服、、、塾の宿題は一人でこなせる、分からない問題は解説を読んで理解できる、どうしても分からない問題もご両親がうまく教えてあげることができる、というハイレベルな生徒には「テーマ学習」がよいでしょう。ある教科の苦手な分野にしぼって、毎回勉強していきます。苦手な分野の克服が受験勉強の本質ですが、子どもはひとりでは嫌なことに集中できないものです。「得意分野を伸ばすことも大切だ」という安易な気休めに飛びつかないで下さい。筑駒・開成はもちろん難関校は苦手分野があっては合格できません。模試などでは、ある教科が極端にできると、高い偏差値と高い合格確率が出がちです。しかし、たとえば開成の算数・国語は、かなりのハイレベルで、簡単な問題がほとんど出ないので、苦手な生徒は容赦なく0点〜20点などという点数になり、当然他の教科がいくらできてもこれでは合格できません。筑駒などはもうすこし簡単な問題が混じってくる場合もありますが、平均点が極めて高いので、苦手分野があって、他の生徒が当然のように正解する問題を1つでも落とすと、合格はかなり難しくなります。そのような、避けて通りがちな、避けて通れない苦手分野を家庭教師と一緒に学習すれば、生徒・ご家庭の負担は軽くなるでしょう。「立体図形の学習」「速さの学習」「記述問題の学習」「時事問題の学習」のような一般的なテーマ学習から、「(筑駒の)詩の学習」「(開成の)関東地方の地理の学習」「(海城の)社会の記述の学習」「(渋幕の)図形問題の学習」のようなかなり専門的なものまで、どのようなテーマでも生徒に合わせて指導しますし、プロのみが気づく生徒の弱点を指摘し、それを克服できるような学習プランを提案します。

③深い学問的背景の与える影響、、、家庭教師の果たす役割は各教科の解説だけではありません。学問の師として、生徒の目標・憧れとならなければなりません。当会は「家庭教師の学歴は高くなくてはならない」という信念を持っています。というのも、子供は身近な大人に憧れるもので、身近にスゴい!と思える人がいれば自然に「あの人のようになりたい」と考え、それが無理のない本心からの頑張りにつながると考えるからです。受験生活に専心する子供の憧れはシンプル、「受験に成功した大人」「勉強ができる大人」です。当会の家庭教師は「東大卒業者のみ」です。出身中学は様々ですが、難関中学を受験する生徒には、いかなる中学も東大(または有名医学部)へ至る過程だという考えは潜在的に根強く存在しており、「東大ブランド」のネームバリューは小学生にも覿面です。尊敬する先生に指導されれば、厳しい要求にも応えられるはずです。逆に「自分はできなかったけど、君には頑張ってほしい」といった方式の指導は、その教師がいかに優秀であったとしても、説得力にかけるものです。またネームバリューだけでなく、多くの教科を最高のレベルで試される東京大学の試験を合格してきた人というのは、勉強が人生の一部になっており、優秀である可能性が極めて高いです。勉強にごまかしはききません。正攻法で、効率よく、妥協なく勉強する教師自身の姿勢は、言葉の端々から伝わり、半年も一緒にいれば生徒に明らかな影響、表面的な成績以外の、本質的な学問的態度に関する好影響を与えるでしょう。

④ご家庭との協力関係、、、当会の家庭教師はご家庭との協力関係を重視します。中学受験はいわば総力戦です。母親が中心となって生徒の生活全般をプロデュースし、父親は様々な面から母と子をサポートします。そして家庭教師は良いアドバイザーになります。たとえば「これとこれ、どっちの問題からやればいいですか」とか「難易度いくつまでの問題をやればいいですか」とか「過去問は何月何日から始めればいいですか」などという一見些細な質問にも答えます。こうした一見些細な判断の積み重ねが受験の合否に大きく影響してくるのです。こうした質問に対して塾の先生は答えられません。塾が指定したようにやりなさい、と答えざるを得ないでしょう。しかし、たとえば過去問を始めるのに最適な時期は全ての生徒にとって同じであるはずがありません。様々な理由でやらなくてよい問題も生徒によっては出てくるはずですが、塾の先生は、とにかく宿題をいわれた順番でやりなさい、としか言えないでしょう。当会の家庭教師になんでもお尋ねください。家庭教師には授業の前、または後のどちらかにはじっくりご相談に応じる時間があるはずです。たまたま授業の前後に時間がとれなかったならば、または授業のない日にご相談を思いついたならば、電話またはメールで質問すれば良いのです。生徒が直接教師の携帯電話に連絡して、質問しても構いません。ご両親の質問にせよ、生徒自身の質問にせよ、その場で解決するのが圧倒的に効率的で、有効です。


どのようなプランで家庭教師をつけるのか

では家庭教師が必要だと判断した場合、どのようなプランで家庭教師をつければよいのでしょうか。どんな教師を希望すれば良いのか、どの教科につけるのか、複数教科につける場合は別の教師にした方がいいのか、週に何時間つけるのか、、、など色々な悩みがあるでしょう。

①教師のタイプ、、、当会の家庭教師は全員が、実力・実績のある教師です。生徒の性格・現状・ご家庭の希望に応じて、色々なスタイルで教える事ができます。生徒とご両親の性格や、趣味、教師に対するご希望などを詳しくおきかせ下さい。とにかく優しく励ますように接したり、兄弟のように打ち解けてフランクに付き合ったり、厳しく叱咤激励しながら教えたりと、できるだけご希望に沿えるようにしています。しかし、とても優秀で、ご家庭からも総じて評判のよい教師が、ある生徒・ご家庭とは相性が良くないという場合も多々あります。もしも当会がご紹介した教師と相性が合わないと思った場合・ご不満がある場合は、遠慮なく早めに申し出て下さい。別の教師をお探しします。それによって、以前の教師に不利益が生じたり、ご家庭に何らかの料金が発生する事はありません。(ただし、東大卒のプロ家庭教師は絶対数が少ない上に、多忙なので、即座に次の教師を派遣することを100%お約束はできません。)

②家庭教師を必要とする教科、、、一言でいえば、家庭教師は苦手教科につけるのがよいでしょう。また受験での配点が少ないことの多い理科・社会よりは、一人で対策するのが難しい国語・算数につける方がよいでしょう。実際には、中学受験の場合は算数の指導を希望されるご家庭が圧倒的に多いです。しかし実力をつけ、成果に反映するまでに時間のかかる国語の対策を早めにされることをお勧めします。5年生のときに国語で悩んでいる生徒のほとんどがその悩みを受験当日まで引きずります。6年生の秋頃になって焦って対策をしても、表面的なことしかできません。算数が得意で、国語が苦手な生徒に関して「さらに算数を伸ばしてたい」とお考えの方は、苦手な国語の対策として今、何ができているのかを再確認してみて下さい。男の子にありがちですが、国語が苦手な子は1人で国語の勉強はしないはずです。上でもいいましたが、「得意分野を伸ばすことも大切だ」という安易な気休めに飛びつかないで下さい。もちろん算数が苦手な子は算数に家庭教師をつけるのがよいでしょう。理科・社会も1人ではどうしてもはかどらない子もいますし、特別な対策が必要な分野もあります。特徴的な問題を出す志望校の対策は、一人では難しいでしょう。いずれにせよ苦手分野の克服を第一に考えて下さい。もちろん、「エジソンは学校の勉強はできなかったけど化学や発明は好きだった、だからうちの子も好きな教科を思う存分勉強させてあげたい。」というような、受験を超えた次元でのご希望ならば、当会の専門教師がどこまでも深く・追求して教えます。「算数オリンピック対策」「英語を先取りして勉強させたい」「作文力をつけたい」などのご希望はよくあります。

③教師の専門性、、、当会の家庭教師は全員が、理系科目・文系科目の両方を高いレベルで課される大学受験を乗り越えてきているので、さまざまな教科を教えることができますが、やはり専門とする教科を教えたときに一番力を発揮します。指導予定の教科を専門とする教師をご希望ください。複数教科の指導をお考えの場合は、教科別に異なった教師をつけた方がよいでしょう。ただし、ある教科を中心にして指導を受けて、他の教科は分からない問題が出てきたときのみ質問する、などという場合には一人の教師で十分です。専門以外の教科でもどんどん質問して下さい。また、人見知りな生徒で、ある教師と相性がとてもよい場合などは、一人の教師に全教科を任せてもよいかもしれません。

④時間数、、、1教科の指導ならば週1回2時間ずつがよいでしょう。塾の宿題をする時間や、自分自身で課題を見つけて勉強する時間も必要です。明確な目標を持って、週1回2時間ずつ家庭教師と勉強するのが、長い目で見ると最もバランスのよいサイクルであると思います。2時間で設定した目標が達成できないようならば、2時間半、3時間に延長してもよいでしょう。ただ、ビジョンのないままに家庭教師と長時間一緒に勉強するのは得策とはいえないと思います。家庭教師と勉強するのは子供にとって「非日常」であるべきで、家庭教師と緊張感のない勉強をするくらいならば、試行錯誤しながら自分で解決した方が生徒自身のためになるでしょう。単なる不安解消のためにむやみに長時間家庭教師をつけるのはやめるべきでしょう。とはいえ複数教科の指導が必要な場合、根が深い苦手教科の克服を目指す場合は週2、3回の指導がよいかもしれません。逆に、週1回の指導であれもこれもやろうとするのはよくありません。家庭教師と勉強した効果が明確な結果に表れない上に、生徒が緊張感を失います。また、授業の中で家庭教師が気付いた点についてじっくり解説したり、苦手問題の類題を探して解いたり、一見無駄ながら実は重要な「脱線話」をする時間がなくなってしまいます。

当会の考え方にご納得いただけましたでしょうか。当会の家庭教師をご希望の方、またはご相談・ご質問がある方は、電話またはE-mailでご連絡ください。[contact us]
授業料に関してはこちらをご覧下さい。[price]


プライバシーポリシー © 2008.エクスクルーシブ・アカデミア〜exclusive-academia〜 All rights reserved.